FC2ブログ

プロフィール

Mi Sa Ki

Author:Mi Sa Ki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

学校に挨拶に行きました。

私は、現職参加で、3月まで勤めていた学校に籍があるので、

訓練を終えて出国までの間に、学校に挨拶に行きました。

もちろん手続き的なこともあったのですが。


今は、1学期末の非常に忙しい時期。

それにも関わらず先生方は、訓練の話を聞いてくれたり、激励の言葉をかけてくれたりしました。

本当に快く送り出してくれて、ありがたい限りです。



しかも!!!!

昨年度担任をしていた、今の中1の子たちが、

「今日先生が学校に来るらしい」との噂を聞きつけ、

学校に遊びに来てくれたのが、とても嬉しかったです。

中には、部活を早退して来てくれた子もいたみたいで。かわいいなあ~(*´▽`*)

(もちろんそのために部活を休んでいる、というのはなんだか中学校の先生に申し訳ないんだけど。)

最近行われた期末テストの結果を教えてくれたり、

誰と誰が付き合ってるとか、誰が誰に告白したとか、

「あーー彼氏ほしいーーー!」っていうつぶやきとか(笑)、

いろいろ話してくれました。青春だね。かわいいわ~(*^_^*)



「先生、私たちが中3になるとき帰ってくるよね。また会いに来るよ~。」と声をかけてくれて、

改めて、私には帰る場所がちゃんとあるんだ、待っててくれる人たちがいるんだ、と再確認。

健康第一で無事帰ってきたいと思います。

次あの子たちに会えるのは、あの子たちが自分の夢を意識して、受験について考え始める時期。

私が、「大人になっても夢を持って、その実現のために頑張る存在」として映ってくれてたらいいな。

2年後はもう忘れられてるかもしれないけど(笑)、きらきらと夢を追いかけるあの子たちに会えるといいな、と思いました。
スポンサーサイト



ややこしい、そして結構手間がかかる手続き類

訓練を終えて出国までの間に、しなければいけない手続き的なものがいくつかあります。

退職して参加される方(無給の方)は、年金のこと、保険のこと、住民税のこと…

いろいろあるようですが、私は現職の参加で籍がこれまでの職場にあるので、

他の方よりも手続きが少なくて済みました。

私の立場での手続きは、

①自動車の免許更新
 任国に行っている間に免許の更新が来てしまうので、「期間前更新」に行きました。
 事前に警察署に行って指示を受けてから、免許センターに行って、講習受けて…という感じでした。
 期間前更新だと、次の更新時期までの期間が短くなってしまうのですが、
 切れてしまったら、また取り直すのが大変なので、更新しておくべきだと思います。
 早目に問い合わせをしておくといいと思いますよ~。

②住民票の異動
 これは、事務の先生が委員会などに問い合わせてくれたところ、してもしなくてもいい、とのことでした。
 現地の住所(たぶんJICA支局?)にしてもいいし、そのままでも何も支障がないみたいです。
 異動させておくと、住民税を払わなくてもよくなる、みたいに教えてくれましたが、
 私は、もうそんな余裕もなかったので、そのままで行くことにしました。

③年金、保険料
 これは、日本で振り込まれるお給料から引かれるそうなので、特に手続きは必要ありません。


あとは、海外でも使える銀行の口座開設や、学校の勤務体系の手続き(訓練中、県外出張扱いだったのでその報告書が必要だった)などをしました。

他の人たちより少ないの、手間かかるし骨折れるー(*_*)

こういうことは事前に調べておいて、計画的に!!!

これ全部を荷造りと同時進行でしていた人たち…尊敬します。 


恐怖の荷造り。

訓練所を退所して、東京で少しの期間過ごして、

そして地元に帰ってきて1週間ちょっと。

バッタバタです。

言っても1週間あれば、出国準備とか十分やろ~。

せっかく平日が自由に使える機会やけん、ここもあそこも行きたい!!

とか思ってたけど、全然そんなことないです。

めっちゃ忙しい、この1週間。

荷造り、侮ってました。



荷造りは、国によって使う航空会社によって違うので一概には言えませんが、

サモアの場合、ニュージーランド航空を利用するのですが、

預け入れの荷物は23kgを1つ、機内持ち込みは7kg前後の荷物と身の回り品1つ。

これは、訓練中に旅行会社オリエンテーションが行われるので、そのときに周知してくれます。

そのときに、歴代の隊員はどれくらいの荷物で来るか、とか、

どんな荷物は失敗しやすいとか、

そういうことを教えてくれるので、そこでしっかり聞いた方がいいと思います。

私が利用する旅行会社さんの話では、


・預け入れ荷物の23kgは絶対厳守!!

・機内持ち込みの7kgは前後なので、あまり厳しく問われないが、何よりも見た目が重視される。
 例えば、大柄な男性が結構大きなバックパックを背負っていても何も言われないが、
 小柄な女性が同じサイズのものを背負っていると呼び止められることがある。

・最終判断はその空港の係員。
 とにかく係員の目につかないことが大切。
 多人数の国については、一気に全員がチェックに行くと「なんだ?」と不審な目で見られることもあるので、
 少人数ごとに分かれて通るなどの工夫が必要。

・歴代の隊員で多いのは、スーツケースを預け入れて、バックパック(機内持ち込み)とパソコンバック(身の回り品)を持って入る人が多い。

・スーツケースの大きさは3辺の合計が2mを越えなければ大丈夫。

などなどの情報をいただきました。

何か困ったことがあったら旅行会社さんに電話すると丁寧に教えてくれるので、

1人で悩まずに同期や旅行会社さんに相談するのがいいと思います。



私は、悩みに悩んで、結局106Lのスーツケース40L弱のバックパックパソコンバックの3点で移り住むことにしました。

しかし、もちろん、それだけで2年間生活できるわけがないので、

こちらから船便で段ボールも送ります。

航空便なら1週間くらいで届くという話を聞くけれど、なんとて高い!!

船便は確かに余裕を持って3ヶ月くらいみておいた方がいいけれど、安い。

というわけで、船便を選択。

ただ、国や地域によっては半年以上かかるとか、届かないこともあるとか、

そういうことも起こり得るので、慎重な判断が必要です。



中身については、入れたり出したり入れ替えたり、ということを繰り返しましたが、

基本的には任国事情やらOBさんに聞く情報が正確だと思います。

職種によっても違いますし。

ただ、もし、手に入るのであれば、服は現地のものを着るのがいいそうです。

その方が現地の方が喜んでくれるし、安全面でも狙われにくいのでいいという話を聞きました。




私は地方に住んでいるため、当日は国内線を利用して東京まで行きます。

国内線と国際線は、もちろん荷物の制限のルールが違うので、

大きなスーツケースの方は、先に成田に送りました。



荷造りは、本当に大変でした。

新しく買うものもあったし、何かと2年分だから、と大人買いしたり、

想像よりも高くて、躊躇してなかなか踏ん切りがつかなかったり、


自分の優柔不断さに泣きそうになりながら、準備しました。



ただ、だんだん気持ちが大きくなってきて、

「なくても死なない!」「現地で人が生活してるんだから、何とかなる!」「荷物の量は勇気に反比例する!!!」

とどんどん思い切りが良くなって、荷物は当初の予定よりずいぶん減りました。

これが吉と出るか凶と出るかは、もちろん行ってからでないと分かりませんが。

あー、荷造りがひと段落したら、早く行きたくなってきた!!

日本で過ごすのもあと1日!!!!!


下界でのひととき

KTCから退所して、初めに私が訪れたのは東京

こちらOBさんに会ったり、大使館に行ったりするためです。

私は2日間東京に滞在したのですが、

田舎者の私にとっては、実はKTCよりもストレスを感じる2日間でした(笑)。

(KTCに行く前に東京来たときも、同じこと思ったなー。)



でも、KTCで縛られていたルールから解放され、

時間を自由に使いながら、

好きなものを食べて飲んで、

あちこち動き回れたのはやっぱり嬉しかったかなー( ´ ▽ ` )


その「好きなもの」とは…

まずスタバ!!!




一緒に行った人念願の。

あまーい、何とかフラペチーノを飲みました(笑)


そして!アルコール!!!



深夜まで東京ナイトを楽しみました(笑)


次の日には、東京に住む友達と久々の再会。

協力隊に参加したことがきっかけで、

たくさんの友達に久々に会うことができました。


今生の別れになるつもりはないけど、

やっぱり会っておきたい、と思って声をかけたり、

かけてもらったりして。

なんか、こういうのもいい機会になったなー。


1人は美術の仕事をしている高校のときの友達。

高校のときから好きだったものを追求して、仕事にしてる姿がステキでした♡



もう1人は小学校のときからの幼馴染み。

わざわざプレゼントまで用意してくれました。



ありがとー!!

絶対持って行って使うからね。


そしてもう1人。

私の身近にいた協力隊OB。

この4月から地元を離れて、新しい生活に大変なところなのに、

時間を作って会ってくれました。



こうやって誰かが私のことを考えたり、私のために時間を使ってくれたりするの、

幸せ者だなーと思います(*´▽`*)



また、帰って来たら会いたいなー(^_^)



そして、サモアのOBさんとも。

サモアのOBさんは、ご自身が協力隊だったのはずいぶん前でも、

ちょっとお願いすると、快く情報をくださったり、時間を作ってくださったりします。

本当にありがたい!!!

今回も激励とかなり貴重な情報をいたたきました。

荷造りへのやる気がわいてきました!!



そして、そして。

今日はなんと、在日サモア大使からのランチのお誘い!!!!!

なんたる光栄!!!



意外と普通のビルの中にある。



ちょっと緊張しながら行きましたが、

そこはやっぱりサモア人!

フレンドリーで、気さくで、お話の上手な大使でした!!

サモアのことを事細かに教えてくださいました☆



そんなこんなで、やっと今自分の地元向かって移動中です。

気がつけば、10日後に迫った出発。

バッタバタなんやろなー。

計画的に準備を進めていきたいものです。




| ホーム |


 ホーム