FC2ブログ

プロフィール

Mi Sa Ki

Author:Mi Sa Ki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

サモアのおもしろい一面紹介⑱

①豚輸送中。

鼻見えてる(笑)
20150814 puaa輸送中


②ワンピースonラバラバ。

重装備。
20150814 ワンピースonラバラバ


③ダイソー商品21.5タラ

21.5タラ=1000円強。

輸送費分?
1.jpg


④こんなところにココナッツ。

なぜ。
20150815 ココナッツの殻を頭につけるお兄さん


⑤No more TOP UP。

じゃあ看板のけなよ。
20150817 No more Topp Up


⑥このカレンダーいつの?

もうのけなよ。
20150815.jpg


⑦かっこいいTシャツ

What a super cool dad look like
20150817 What a super cool dad look like



⑧サモアにセブンイレブン!?

よく見ると「twenty four」って書いてある(笑)

24時間営業って、このマークのイメージなんだね、きっと。ってか本当に24時間営業なの??
20150817 セブンイレブン


⑨プレスクールの遊具

同じなの4つ!!しかも近すぎて危険じゃない?
20150818 Pre schoolの遊具
スポンサーサイト



有朋自遠方来 不亦楽

日本から友達が来てくれました!

何もないサモアですが、精いっぱいいろんなところに連れまわして、

精いっぱいサモアの魅力を伝えました!

楽しんでもらえたらよかったのだけど。

今回のサモア旅行では、私も初めて行くところがたくさんあって、一緒に楽しみましたー♪

その思い出をご紹介☆


1日目

日本からのお土産―!!
IMG_4956.jpg

仲良しのサモア人の家で夕食を食べました。
サモアン料理、なかなかヘビーだったでしょ?(笑)
IMG_4958.jpg


2日目

学校に来てもらった後、お気に入りのビーチファレに連れて行きました。
P8120022.jpg

残念ながらちょっと天気は悪かったけど、夕焼けはきれいでしたー。
P8120067.jpg

海で貝、サンゴ探し。
P8120069.jpg



3日目

朝焼けがきれい!海と朝焼けのこのセットは、ほんと癒されるー。
P8120067.jpg


この日はサバイイ島一周!

まず訪れたのはドワーフケーブ。こんなただの穴ぼこに入っていきました。
P8130138.jpg

ほんとにまっくら!冒険してるみたいでした。
P8130146.jpg

帰りにガイドのお兄さんが、ニウ(ココナッツ)を飲ませてくれました!
P8130183.jpg

先輩隊員のおすすめだったホテルで昼食。レストランからの眺め。
P8130209.jpg

吊り橋。めっちゃ怖かったー!!!
P8130234.jpg

そこからの景色。なんか仙人住んでそう(笑)
P8130254.jpg

ブローホール。この日は波が高くて。ものすごい高さまで吹き上がってました。
P8130291.jpg

穴にココナッツを投げ入れるおじいさんの勇ましさといったら!
P8130285.jpg


3日目

ウポル島に移動。

サモアのバスの洗礼を受けました。
P8140342.jpg

マーケットなどをぶらぶら。
P8140371.jpg

友達はマーケットでPua'a(ブタ)Tシャツ買ってた(笑)
P8140350.jpg


4日目

この日はウポル島半周。

スティーブンソン博物館。改装中だったので、見るだけで帰りました。
P8150391.jpg

謎のバハイテンプル。説明を読んでも、いったい何なのか不明でした(笑)
P8150398.jpg

滝。迫力。
P8150437.jpg

リゾートホテルでお昼ご飯。
P8150467.jpg

トスア!絵葉書みたいなきれいな風景。
P8150484.jpg

この日の宿泊地、ラロマヌのビーチファレでは、夕食が豪華でしたー。
P8150657.jpg

その夜のfiafiaショー。サモアのダンスを堪能しました。
P8150674.jpg

siva afi(ファイヤーダンス)は盛り上がりましたねー。
P8150696.jpg


5日目

次の日は快晴!海がきれいだったよー!!
P8160723.jpg

オプションでサモアン料理作りを見学。
P8160732.jpg

ココナッツの葉っぱでバスケットを作ってるところ。
P8160756.jpg

衝撃!豚の丸焼き調理中。
P8160815.jpg

ウム(蒸し)料理中。
P8160863.jpg

高台からの景色。
P8160877.jpg

午後になると、さらに海がきれいに。ため息。
P8160882.jpg

アピアに戻り、大きな教会へ。
P8160929.jpg

礼拝も見てもらいました。
P8160905.jpg



6日目

最終日だったので、アピアをまたぶらぶら。

国会議事堂。
P8170967.jpg

裁判所。
P8170971.jpg

図書館。(もう連れて行くとこない(笑))
P8170987.jpg

また教会。
P8171015.jpg



いやー、いろいろ行きました。

サモアのこと好きになってくれてたらいいんだけど。

来てくれてありがとう!!次は日本で!!!

Happy Father's Day!!

Father's Dayでした。

去年、赴任して次の週に同じようにこの日を迎え、

何も分からないまま、父親たちのパフォーマンスを見て、大量のto'onaiをいただいたのを思い出します。


今年、うちの学校には男性教員がいないので、

学校では特に変わったこともなく、

普段通りの一週間を過ごしました。



そして、日曜日。教会。

1年間サモアにいる私はFather's Day→White Sunday(子どもの日)→Mother's Dayと一通り見て来ているので、

まぁ、正直目新しい感じはありません(笑)

…だって、サモア人、いつも歌って踊って終わりだもん。

今回も、

・代表お父さんのスピーチ


・Pastorの「全世界のお父さんにおめでとう!」←Mother's Dayのときも同じこと言ってた(笑)

・村のお父さんたちのダンスと歌


・大量のto'onai


という、安定のコンテンツでした。

いつも思うけど、飽きないのかなー??


まぁ、そんなFather's Dayでしたが、

期待を裏切らないサモア人。

1つ思いっきりふいてしまったことが。


お父さんたちのダンス中…

なーんか、お父さんたちがみんな向かって右側をチラチラ…というかがっつり見てると思ったら…。





そこにはテレビが!!


なんとお父さんたち、練習不足なのか、ダンスを覚えておらず、

テレビに映った振りを見ながら踊っていたのです!!!!!

おーーーーい!(笑)

主役だよ、お父さん!!

もう子どもたちも、お父さんじゃなくてテレビ見てるっていう…(´・_・`)


さすがサモア。ゆるすぎる!!!


イベントの重要度的に、

White Sunday→Mother's Day→Father's Dayって話は聞いてたけど。

もうちょっと頑張ってほしかったなー(笑)


このあと、仲のいいサモア人ちのお父さんにりんごのパンケーキを作って持って行ったら、

お父さんがありつく前に女性陣が全部食べちゃうというおまけ付き。

どの国でも女は強し、かな??



とにもかくにも、

HAPPY FATHER'S DAY!!!!

サモアのおもしろい一面紹介⑰

もう、この投稿も第17弾になってしまいましたー。


①一体何ジュース?

商品名は、オレンジ&マンゴージュース。

でもパッケージには…
DSC06866.jpg

Apple78%、Orange13%、Mango9%。

これは、もうリンゴジュースなのでは…


②大口選手権

算数で、身の回りのものの長さを測っていた時。

僕の口、何センチ??
DSC08403.jpg



③健気な…

先生の子どもの面倒を見ながら、授業を受けてくれる…

DSC08404.jpg

おい、先生!!



④かっこよく決めてるけど…

片方レンズない。

DSC08635.jpg




⑤電話中 その1

電話線が繋がってない。
DSC08677.jpg

なのに会話してる。

サモアの電話ってどうなってんの??



⑥電話中 その2

何のポーズ??

IMG_4670.jpg



⑦サモアの車あるある

壊れても大事に使ってるんだよね。物を大事にする文化。
IMG_4676.jpg

一応、これ、サモアでも有名な団体の公用車。



⑧スピードメーター

壊れてる(笑)
スピードメーターが動いてない

もちろん、爆走中の写真。



⑨緊急事態に備えて…

絶対古すぎる消火器。
絶対古すぎる消火器

教師海外研修ご一行様、ご来校!!

7月31日、 うちの学校に日本からお客様が来てくださいました!!


JICAが主催している研修の中に、現職の先生向けの研修があります。

それが、教師海外研修

夏休み中に、約1週間、協力隊員が派遣されている国を実際に訪れ、

教育隊員を中心とした隊員の活動を見たり、ホームステイをしたりして、

その国の文化に触れ、帰国後、国際協力を促す実践を自分の学校、学級で行い、JICAに報告する、

というのがプログラムの主な内容。

毎年、日本各地のJICA支局がいろいろアレンジしてて、15か国ぐらい訪れているそうです。



サモアにも、この教師海外研修の御一行様が来てくださいました。

そして、今年は、その活動先見学に、うちの学校を選んでくれたのです。


くしくもその日は金曜日。

サモアの学校の金曜日というと(とひとくくりにするのはちょっと乱暴ですが、少なくともうちの学校では)、あまり授業が行われず、スポーツをしたり、歌を歌ったり、

なんかなあなあで終わってしまう、そんな曜日。

先生も子どもも、金曜はあってないようなもの、もうむしろ週末、という考え方をしていて、

出席状況も著しく悪い。(先生も、子どもも。)


そんな金曜日に大事なお客様を迎え、しかも時間通り動いたり(いや、普段も決して時間通り動いてはいないけど!)、授業をしたり、特別なプログラムをしたり、だなんて不安すぎる!!!!!

そう思った私は、当日まで、リマインドにリマインドを重ね、

スタッフルームにも廊下にも日程を貼り出し、

全校集会で子どもたちも直接お知らせし、

サバイイ島でこの学校だけだからね、こんなプログラムをしてくれるのは!私たち選ばれた学校なんだからね!!!!

とまあ嘘は言ってないけど、結構大げさに誇張して伝え、

もうとにかく、このプログラムが無事行われることを祈り、当日を迎えました。

自分の授業も見ていただくので準備しなきゃだったけど、それより先生や子どもたちにリマインドすることの方に労力を使った気がします…(笑)



と、さすがにここまでやるとむしろやり過ぎだったようで、先生たちは金曜の朝、いつもよりもかなり早く来て、

子どもたちに学校中、いやいうか学校の外まで念入りに掃除させ、

子どもたちに、お客様へのウラ(首飾り)やお土産まで準備させていて、
IMG_4627.jpg

on timeに朝の活動がスタートし(驚愕!そんなこと今までなかった)、

準備万端の状態でお客様をお迎えするに至ったのです。

やればできるんじゃん(笑)



来てくださったのは5名の現職の先生方と、2名のコーディネーターの方々。

それにJICAサモアのスタッフと見学に来てくれた2名の同期隊員、総勢10名様。

しっかり練習させられた、歌を聞いていただき、
IMGP5106.jpg

サモアの先生からの、長々スピーチ。
P1070340.jpg

(来てくれたことへの感謝をお伝えするスピーチだったけど、私がいろいろ誇張して話していたため、若干の間違いあり(笑))


そしてまずは、私の授業を見ていただきました。

総勢10名のゲストに囲まれて、子どもたちはすっかり緊張してしまい、ものすごくおとなしい雰囲気の中での授業になりました(笑)

理科の塩水を沸騰させて塩を取り出す実験。無事終わって良かった。
P1070354.jpg


続いて、ゲストの日本の先生方からのプログラム。

参加者の中に養護教諭がいらっしゃったこともあり、歯磨き指導をしてくださいました。

かわいい紙芝居と、日本でもお馴染みの染色液を使っての、歯磨き練習。
IMGP5144.jpg

サモアの子どもたちは、というか大人も、歯のケアにかなり無頓着で、

虫歯がひどく、歯が真っ黒だったり、抜いていたりします。

かわいい子どもがにこっと笑ってくれたら、歯が何本もないとかよくある光景です。

先生でも虫歯になって、歯が痛いわ~と苦しんでいることもあるのです。


そんなサモアの子どもたちへの染色液の使用は効果てきめん!!!

どの子も真っ赤に染まっていました。中には衝撃映像レベルの子も(笑)
P1070383.jpg

1人1本くださった歯ブラシで、ていねいに磨く練習をしていました。
P1070397.jpg

これを習慣づけてくれたらいいのですが。


そして休憩を挟んで、日本文化紹介

相撲、綱引き、長縄を実際に遊ばせながら紹介してくれました。

相撲は、子どもたちにとって初耳のスポーツだったようで、

相撲をとっているイラストやおもしろおかしく実演してくれる様子を見たり、まわしをしめたりしているのを見て、

一瞬(特に女の子は)ひいていて、「やりたくない!」と言っていたものの、

実際にグラウンドに出てやってみると彼らにはツボだったらしく、1人で何回もチャレンジしている子もいました。
P1070449.jpg

まあ、さすがラグビーが人気のサモア、相撲というよりタックルでしたけどね(笑)


綱引きも、長縄も、大盛り上がり。
P1070462.jpg

P1070471.jpg

私が普段あんまり子どもたちと一緒に遊んだりしないので(いやいや、暑いしね?プレタシ動けないしね?)、

実際に体を動かして、子どもたちも大満足の時間だったようです。



その後、子どもたちは下校し、ここからまたサモア人のHospitalityの本領発揮。

いつ、だれが準備したの??という昼食

参加者全員へ(というかむしろ私にも(笑))のお土産
P1070527.jpg

そしてまた感謝のスピーチ

さすがサモア人、ここまでやってくれるなんて、リマインドしまくった甲斐があるってもんです。


そして来てくださった日本の先生方からも、日本を紹介するアルバムや日本の子どもたちの写真、浴衣、ハッピなどの服…とたくさんのお土産をいただき、

先生方も嬉しそうでした。


プログラム後、参加者と私たちサバイイ島の隊員で意見交換会、懇親会を持ち、

久々の、「日本人」を感じ(笑)、

そして私たちもお菓子やインスタント食品などのお土産をくださって、

こちらこそお世話になりっぱなしで、この日のプログラムは終了しました。



日本の先生方にサモアの良さと実態を感じてもらえていたらいいのですが。

なんか、ぐったり疲れた感はありますが、来てくださって私も良かったです!

日本の子どもたちにどんなふうにサモアを伝えてくださるのか、楽しみです(*´▽`*)

PD program @ Saleaula primary school

サモア隊員の中の小学校配属隊員で構成される「小学校教育部会」。

私も所属するこの部会では、活動の1つとして PD programの推進を行っています。


―――――PD Programとは…――――
今年度、教育省から実施するように義務付けられている教員の資質向上のための研修会PD(Professional Development)。
ところが案の定というかなんというか、学校によって温度差が激しいことこの上ない。
特にサバイイ島は、教育省のスタッフが研修会を開いたり、学校訪問したりといった機会も、ウポル島に比べて極端に少なく、
(先日教育省のスタッフと話したら、「Savaiiはoverseasだから、予算もないしなかなか行けない。」と言われてしまいました。overseasって…涙)
校長のPD熱によって、やったりやらなかったり。
そんなPDの実施をサポートすることで、先生たちの指導力の向上はもちろん、技術移転の機会にもしようということで、
小学校部会は月に1回程度のPD programを行っています。
島の小学校教育隊員が、それぞれの任地を訪問し、研究授業と討議会を開く、
その形式で3月からこの活動を続けてきています。
――――――――――――――――――――


やっと1巡目が終わり、今回から2巡目に入りました。

2巡目の方針は「サモア人の先生に授業をしてもらうこと」

1巡目は、まず、PDしましょう、こんな感じでするといいですよ、というイメージづくりのため、

ボランティアによる授業公開、その学校の先生全員に参観してもらう、そのあとみんなでボランティア司会でdiscussionをする、

というふうに、完全にボランティア主導で行い、サモア人の先生には参加してもらうだけ、という感じでした。

ですが2巡目は、後々サモア人の先生たちが自分たちで行えるようにということを見据えて、

授業をサモア人にしてもらうということを方針として決めました。

そして、その記念すべき第1回目が、私の学校で行われたのです!



今回の授業は、Year8の理科。水の沸点は何度かを調べる授業。

どの先生に授業をしてもらうか、これについても結構迷いました。

一緒に授業をつくるなんて、とっても貴重な機会だから、

私が自分の意見をちゃんと言えて、私の意見を聞いてくれて、

私のやり方を少しでも学ぼうとしてくれて、準備も一緒にしてくれる先生…

できるだけ打って響く先生と一緒にやりたい。

(響き方は微々たるものかもしれないけど(笑))

そういろいろ考えて、結局Year8の先生と一緒にやることにしました。

この先生は、いつも私が授業した内容を教室で復習してくれたり、宿題に出してくれたりしていて、

いつもではないけど、普段一番私の授業を参観してくれる先生。

1年間積み重ねてきた自分の関係づくりを信じて。



しかし!!!

サモア人と授業を考えるというのは本当に多難でした。

今回は日本のやり方をベースにして、実験も取り入れて、と思っていたので、

ある程度私から、こんな授業どう?と提案はしたのですが、

予備実験をしようとした日に「ごめんなさい、Salelologa(サバイイ一の町)に行かなきゃいけないの。」

Lesson Planを一緒に作ていても、これどう思う?と聞いても「Up to youよ」

そして、親せきの子どもを預かっているらしく、毎日赤ちゃんを学校に連れてきて愛を注ぐのに忙しく

今日こそと思った日に欠勤

準備期間に2週間とっていたものの、無情にも時間だけが過ぎていきました…。


しかも、やろうと思っていた実験には、アルコールランプがいる!

なのに、うちの学校にはアルコールランプがない。

しかもどの店も品切れ。(サモア中に1つもないの!?そんなことあり得る???)

調べてアルコールランプを自分で作ってみたものの完全に失敗。使い物にならず。

それならば、と各学校に配置されているScience kit(の残骸…)の中から使えないガスバーナーをひっぱり出してきて、

なんとか修理を試みるも、チューブから火を噴き、あわや大火傷という身の危険を感じる場面も。

何とか何とか使えるようになった、火の勢いを調節できないガスバーナーで、実験に臨むことに。

ものがないって、大変・・・・。


そして何とかこぎつけた当日。月曜日。


実は、その前の週の金曜、私以外に6人いるはずの先生のうち、なんと来ているのは2名

そのうち1名は11時に帰宅…。

月曜はPDだからね、とリマインドする隙すら与えない、恐るべきサモア人の出勤状況

奇跡的に来ていた授業者の先生と、板書やLesson Planの最終確認を行うも、

その後、教室で実験の仕方を子どもたちに説明し始める先生。

おーーーーい!あんこ入れてるやないか!!!!!という開いた口が塞がらない金曜日を過ごした私は、

前日、まず授業者を含めた先生たちはちゃんと来るのか、そのレベルから不安でした。



案の定、定時に来てる先生はほとんどいませんでしたが、そのあとぱらぱらと出勤してきて、

何とか6人中5人が来てる、お、意外とちゃんと集まった!という状態。

朝の集会が長引いてお知らせした時間には全然始められなかったけど、

授業も20分遅れで始まる。まあ、よし。合格ライン。



そして、授業は…
DSC08691.jpg

DSC08702.jpg

DSC08764.jpg

DSC08723.jpg

DSC08745.jpg

私は事前に絶対に全体に立たない、と心に強く誓っていて、

ときどき、え???という場面はあったものの、無事サモア人の先生主導により、授業の全活動を終えることができました。

討議も、まあつつがなく終了。



ただ、その日の放課後にぐるぐる考えていたのは、

実験をした方がいいっていうことは、サモア人の先生だって分かってること。

でも、教科書もなくて、カリキュラムを読んだだけではどんな実験をしたらいいのか、のみならず、何を教えたらいいのかさえ分からない、それが現状

そんなサモア人の先生たちにたった1時間授業を公開して見てもらったところで、

いったい何が変わるんだろう…ということ。

ここサモアでは、大事だと分かることと、実際に行動することの間にかなりかなり大きな溝があるのは、これまでの活動でも十二分に分かっていたこと。

1回目のPDのときも、正直提案したことを「大事だ」と言ってくれてたけど、

実際に授業に取り入れてくれた先生はいなかった。

今回もかなあ…となかなか達成感を感じることはできなかったのですが。



いろいろ思いながらも、その日を終え、翌日のこと。

なんと、授業者の先生が私の教室にわざわざ来て、

・授業ができてよかった
・昨日から理科がFavorite subjectになった
・もっとPDがしたいし、実験を知りたい
・これからあなたの授業は毎時間参観したい
・他の先生もPDしたいって言ってた  …


というようなことを伝えてくれたのです!

そして一番嬉しかったのは、

「授業のあと、子どもたちが教室で『今日の授業はよく分かった!』と言ってくれて嬉しかったの。」

という言葉。

サモア人の先生にとって、その子どもの一言が胸に響いたんだなあ、

子どもが分かった、と言ってくれたことを嬉しいと感じる心を持ってたんだなあ

と聞いた私まで嬉しくなってしまいました。

普段先生たちを見ていて、よく休むし遅刻するし、子どもはほったらかすし、叩くし、

「先生」とか「教える」という仕事を、単なる一職業としてしか見てないんじゃないかな、

お金がもらえればいいって思ってるのかな、と感じることが多々あったので、

この先生が子どもの反応にこんなに関心を持っていたことに驚き半分、

先生としての喜び、教える楽しさを感じ取ってくれたことに感動半分。

もしかしたら、この先生のこの一言が一番の成果かもしれないな。


もちろん、ここから劇的に変わっていくこともないんだろうけど、

私の活動にとっても大事な1日になりました。

あと8か月、「伝えていく」という視点で自分のできることを探っていけたらいいな、と思いました。

やる前から諦めない、とりあえず打ってみる、響かなかったらそのあと考える。

先生方への自分のイメージを変に固めないで、どんどんアプローチしていけたらいいなー、と気持ちを新たにできたPDでした。

| ホーム |


 ホーム