FC2ブログ

プロフィール

Mi Sa Ki

Author:Mi Sa Ki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

同期のWEDDING PARTY

活動とは全く別件ですが。


うちの同期には、この任期中に結婚した隊員がおり、その奥様が日本からサモアに遊びに来てくれました。

そのタイミングで簡単ながら Wedding Party を開くことになりました。

私たちの隊次は同期が10人という大所帯で、

リーダー肌、盛り上げ上手、こだわり派、調整能力に長ける人、こつこつ細かい作業が得意な人、

同期愛に満ちている人・・・・と本当に個性派ぞろい。

その9人が幹事となるWedding Party。

ずいぶん前から役割分担をしながら、準備を進めてきました。

サモアにあるものは限られているので、その中で私たちのベストを尽くしたパーティーでした。

私は、会場装飾のチームだったのですが、

サモア柄を自分たちでプリントして、自分たちで着色して、自分たちでコサージュを作り、
IMG_5715.jpg

IMG_5892.jpg

リボンなどと合わせながら会場をデコレーションしました。
P2910646.jpg

P2910647.jpg

作ったブーケ。
P1000303.jpg

奥様に付けてもらった髪飾り。
P1000306.jpg

幹事印のコサージュの飾り。
_DSC0423 (2)

事前1週間、活動の片手間に最終準備して、前日ほぼほぼ徹夜というグロッキーな状態で迎えた当日。

自分たちで言うのもなんですが、なかなか素晴らしいパーティーになったと思います。
_DSC0438.jpg

同期隊員が任期中に結婚して、相手がサモアに来てくれるなんて、

こんなことは滅多にあることじゃないので、私たちにとっても嬉しい1日でした!!
スポンサーサイト



サモアのおもしろい一面紹介22

①鍵を閉じ込めてしまったら。。。

ドアの上の隙間から忍び込む。
20151112 鍵を閉じ込めてしまったら


②天井補修中

使っているのはその辺に落ちていた石とその辺に落ちていた釘。
20151119 石金づち



③乗せてもらった車のフロントガラスに

インゲン豆。
20151122 車のフロントにいんげん豆



④サモアではいたって普通の危険行動

屋根に登る。
20151124 サモアではいたって普通の危険行動

日本でやったら大問題なんだろうなあ。。。



⑤おしゃれサンダル?

いやー、どう考えても室内用やろ。
20151125 先生のおしゃれサンダル



⑥矛盾した味

Naturally & Artificially。
20151129 矛盾した味 (1)

このキャラクターも気味悪い。
20151129 矛盾した味 (2)



⑦やさしさ

高学年の女の子の足の怪我にたかるハエを、ほうきで追い払ってあげてる。(しかもなぜかパンツ一丁)
20151201 Melissaの足の怪我にたかるハエを追い払うKevin



⑧アシンメトリーサンダル

おしゃれ。。。なのか??
20151202 アシンメトリーサンダル

Prize Giving

完全に雨季に入り、蒸し暑い毎日、不快指数100のサモアでは、

クリスマスモード全開です。

そんな12月。サモアの学校は年度末を迎えました。

12月第1週で、2015年度の学校は全課程を終了し、今年も卒業式兼成績発表の場である Prize Giving が行われました。

Prize Givingでは、学年ごとに子どもたちの成績が発表され、上位者から表彰されていきます。

今年は、1日ずれていた同じ校区のCollegeのPrize Givingにも参加しました。


★CollegeのPrize Giving

Collegeは日本でいう中・高等学校。
PC022872.jpg

Primaryが8年生までで、Collegeは9~13年生(年齢的には日本の中2~高3)までが在籍しています。

生徒がもうかなり大人で、迫力があります(笑)

CollegeのPrize GivingはPrimaryと少し違って、村対抗、という色がかなり強くでています。

成績優秀者の発表の際には、必ずどこの村出身かが一緒に発表され、

そして、最終一番成績優秀者が多くいた村に、一番大きなトロフィーが贈られます。

最高学年であるYear13は、卒業式も兼ねていて、この生徒たちの入場からPrize Givingが始まりました。

卒業学年は、みんなでユニフォームを作っていました。とっても素敵。
PC022879.jpg
↑生徒たちは緑の布地に緑のプリント

ちなみに、このユニフォームは先生と色違い。
PC022885.jpg
↑先生たちは白地に緑のプリント
この後はひたすら、教科ごと、クラスごとに成績優秀者が発表されていきます。
PC022910.jpg

成績優秀者のレイはこの状態(笑)
PC022962.jpg

トロフィーめっちゃもらってる!
PC022947.jpg

途中合唱をはさんだりしながら。

Collegeの歌は、大迫力で聞いていてうっとりしてしまいます。

そして、最終、結局踊る(笑)

うちの村はあまり成績優秀者として発表される人がおらず、ちょっと寂しい思いをしましたが(笑)、

村の名前が発表されるごとに、会場中が沸き立つような、にぎやかなPrize Givingで、

(まあ、案の定すごく長かったけど)おもしろかったです。



★うちの学校のPrize Giving


今年は2回目のPrize Givingなので、だいたい流れは分かっていたので、

準備段階からかなり手伝うことができました。

案の定、毎日繰り返される練習。(なんと2週間も!!!)
PC012792.jpg

案の定、ものすごい雑な感じで準備される商品。ノートにセロテープ貼り付けまくる!
PC023047.jpg

会場準備。

このココナッツの葉っぱで柱を飾る定番デコレーション。
PC022998.jpg

今年は私もこれに挑戦しました。意外と難しい。


そして迎えた当日。

今年は、卒業学年のYear8がユニフォームを作っていました。とってもきれいでした。

女の子たちは、髪型も工夫して、ちょっとお化粧したりして。
PC033059.jpg

きゃっきゃしてて、かわいかったです(笑)
PC033065.jpg

そして、成績優秀者の発表。
PC033139.jpg

大量のお菓子のレイ。
PC033109.jpg

ハグ。
PC033140.jpg

キス。

去年もそうでしたが、うちの学校は規模が小さいので、全員の名前が呼ばれ(最下位まで!)、

全員がプレゼンターから、賞を受け取ります。

去年も思ったけど、点数や順位に関係なく、みんなが賞をもらってみんなが褒められて、

子どもたちの嬉しそうな表情がたくさん見られて、微笑ましい行事です。
PC033156.jpg


そして、今年は、私も呼名をさせてもらいました。

なぜか教えている高学年ではなく、Year2(笑)

サモア人のフルネームって発音しにくいし、普段呼ばないから難しいんだけど、

それ以前にファーストネームさえ知らない子ばっかり(笑)だいぶ練習しました。

サモアでは子どもだけでなく、プレゼンターや呼名している先生にまでレイをかけてくれるのですが、

これも初体験させてもらいました!


案の定、会が進むと、子どもたちの集中力は切れ、
PC033188.jpg

案の定、お菓子を食べ散らかし、
PC033265.jpg
↑床に散らかったゴミ!!!

案の定、最終結局踊って終わる、というぐだぐだな感じでしたが、
PC033259.jpg

村全体で盛り上がる感じが、去年同様、サモアらしくていいなと思いました。


Prize Givingが終わったということは、年度が終わったということ。

1年以上一緒に勉強してきたYear8の子たちは卒業。

村で絶対また会えるんだろうけど、でもやっぱり寂しかったかなー。

Year8の出し物なんかを見ていて、不覚にも泣きそうになってしまい、
PC033234.jpg

自分がこんな気持ちになるなんて、やっぱり日々いろいろありながらも、一緒に過ごしてきた時間は積み重なっていたのだなー、と思ったり。


何はともあれ、今年度終了です!!!!

ここから、長い長いターム休みが始まります!

| ホーム |


 ホーム