FC2ブログ

プロフィール

Mi Sa Ki

Author:Mi Sa Ki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ターム休みダイジェスト!サモアの名所ご紹介

ターム休みが終わりました。

このターム休みは、派遣期間が3月までの私にとっては最後の休み。

ターム休みが終われば、最後の1か月ちょいの活動、そして2週間の帰国準備、そして帰国、と

慌ただしい生活になることは分かっていたので、

この休み中には、これまで訪れたことのない、サモアの名所を、サモア隊員たちと回りながら、

忙しくも充実した日々を過ごしました。

サモアの紹介も兼ねて、訪れた場所をご紹介。


【Costal Walk&Ma Tree】
ウポル島の南に位置する、国立公園。

海の近くを歩くことができる、コスタルウォークのコースと、Ma Treeという板根の植物を見ることができるブッシュウォークのコースを歩いてきました。

コスタルウォークのコースは、海風が気持ちよく、波で削られた岩が不思議な形を成していて、
P1071523.jpg

P1071531.jpg

P1071558.jpg

そして、南側の海特有の、波の高い、迫力満点な光景。

着いた先には、溶岩がなだれ込んでできた神秘的な地形
P1071580.jpg

黒い溶岩と、真っ青な海と空。そのコントラストが、とっても素敵でした。
P1070290.jpg

Ma Treeに続くブッシュウォークのコースでは、それまでの長距離ウォークの疲れが隠せず、

少々飽き気味だったことは、否めませんでしたが、

一緒に行った隊員が、おもしろい花を見つけてくれたり、おもしろい話をしてくれたりしたので、

最後まで頑張って歩けました(笑)

そのコースの途中にあったMa Treeは、不思議な形をしていて、くねくねと育った板根がまるで生きているようで、
P1071600.jpg

P1071607.jpg

そして、時間の流れを悠々と感じさせてくれ、圧倒されました。

ゴールは滝。そこまで暑い思いをして、汗をだらだらかいて歩いてきた分、

その滝での水遊びは最高でした!!!!
P1071652.jpg

滝から飛び込んだりして。

この近くに隊員がいてくれたから訪れることができた場所。

ただ歩くというのは、修行のようでしたが、行けてよかったです!



【Sliding Rock】
首都滞在の時に基本的にステイしている、ドミトリーの近くにあるこのSliding Rock。

サモアに来た当初から、一度行ってみたいね、と同期隊員たちと話していたのですが、

帰国間際になって、やっとその言葉を実行に移すことができました。

その名の通り、岩を滑り降りることができる、小さな滝のようなところ。
P1091718.jpg

もちろん、ここはサモアなので、どの岩から、どのように滑るといいかなんてことは、丁寧に解説されていません。

これは絶対お尻痛いやろ、怪我するやろ、ここじゃない??と議論を交わしながら、

何とか誰も怪我せず、安全に遊ぶことができました。
P1091740.jpg

海もいいけど、やっぱり真水の冷たさと気持ちよさは格別でしたー!!!



【Palolo Deep】
首都アピアのタウンに近い、シュノーケリングスポット。

ずっと行きたかったのに、機会に恵まれず、今回初めて訪れました。

サモアの海は、遠浅で、サンゴ礁が続いています。

だから、その辺の海でも、シュノーケルはできるし、魚もたくさん見られるのですが、

ここは少し行ったところにドロップオフがあり、サンゴや魚の種類が豊富なのだそうです。

確かに、他の海では見ることができないようなサンゴの広がりにうっとり。
P1101800.jpg

P1101816.jpg

P1101817.jpg

フィジーのマナ島で潜ったあの海を思い出しました。



【同期旅行@ウポル島南】
このターム休みは、私たち26-1次隊にとって、一緒に過ごせる最後のターム休み。

というのは、26-1の同期10人のうち、5人が現職参加で3月に帰国、他の5人の任期は6月まで、だからです。

そこで、10人でウポル島の南の方へ、同期旅行に行ってきました。

2泊3日で、宿泊先は1日ごとに変えましたが、どちらも海がきれいで、ずっと海ばっかり入っていました。

1日目。 Maninoa Beach Surf

ここは、両隣に、サモアでも屈指のリゾートホテルが建っていて、

なんと、そのリゾートホテルと同じビーチで遊べるのです。
P1111881.jpg

波はきつかったけれど、海もとってもきれい。
P1111856.jpg

虹が見られたよー!
P1121960.jpg

2日目。 Samoana Resort

最後の旅行だからと、2泊目はちょっと奮発して、リゾートホテルへ。
P1121968.jpg

ファミリールーム?ルームというかもう家。1棟貸し切り。
P1121987.jpg

ここも海がきれいで、というかむしろシュノーケルに関しては、これまでの中ではかなり上位に入ると思われるほど、

乱立しているサンゴの形が美しくて、楽しめました。
P1122005.jpg

P1122033.jpg

海にそのまま続くかのようなプール。
P1122052.jpg

おしゃれに過ごしました!
P1122075.jpg

夜はトランプやウノという懐かしの旅行アイテムで盛り上がりました。


ずーーーっと話しっぱなしの2泊3日。

最後にみんなで思い出が作れて良かったなーーーー(´▽`)



【Return to Paradice】
同期旅行の、リゾートホテルに味をしめ、また別のリゾートホテルに泊まってきました。

今サモアは雨季ということもあり、観光シーズンとしてはオフ。

そのため、いつもなら泊まれるはずもないリゾートホテルが、セール期間中で安くなっていたりしてたので。

先輩隊員が行って良かった、と言っていた、このリゾートに泊まってきました。
P1182237.jpg

クーラーの効いた、ラグジュアリー感半端ない部屋!
P1182242.jpg

おしゃれなプール!!豪華な食事!!!
P1182272.jpg

どれをとっても大満足でした。

プールや海で泳いで、部屋に戻ってごろごろ読書をし、ふかふかのベットで寝て…。
P1182254.jpg

これまで頑張ってきたご褒美だなーーー、と大満喫。

部屋から見た燃えるような夕焼けは、忘れられないなー。
P1182280.jpg


時間を贅沢に使う幸せを、サモアで覚えてしまいました(笑)



こんな楽しかったターム休みも、とうとう終わってしまい、

ここからは本気の活動まとめ期間。

いろいろありながらも、今いい感じの風が吹いてきてるような気がしないでもない、

というそこはかとない希望を、なんとか形にしていきたいな、と思っています。

活動終了まであと6週間!!!

年末年始リポート!!

【年末年始リポート!!】

去年、年末年始は任国外旅行に出かけていたので、

実はサモアで年末年始を過ごすのは今回が初めて。

村の人に聞いていた話では、

新年に日付が変わるとき、宗派関係なく村の人たちみんなが1つの教会に集まってお祝いするのだとか。

ってことで、そのサービスに行ってきました。



12月31日。

21時から始まるよ~、と言われて教会に行ったものの、全然人がいない。

聞いてみると、案の定始まるのは22時と。

また適当情報つかまされた~(-_-)

まあ、家に戻るのも面倒だったので、1時間ぼーっと待ち。

この教会は村で一番大きな教会で、ここに入ったのは初めてだったけれど、

入り口のところには、電飾でなんかキラキラしてるし、
PC311466.jpg

天井から飾りがぶら下げられていたり、柱にもデコレーションされてあったりして、
PC311468.jpg

なかなかお祝いモード全開の装飾でした。

ま、よく見ると、天井からの飾りはラバラバ(腰巻用の布)、お菓子、そしてなぜかイリ(うちわ)や洗剤まで…。
PC311477.jpg

一体どういうこと(笑)


そして、始まったサービス。

いくつかある宗派のそれぞれのPastor(司祭さん)がお説教。

ちなみに、私がよく行く教会のPastorは、おっとりとしていて、声の抑揚もあんまりないのですが、

他の教会のPastorは、熱の入った演説やスピーチみたいに、声を荒げたり、身振り手振りを付けたりしていて、

へー、あんなふうにお説教する人たちもいるんだー、とおもしろかったです。

そしてその後、村の代表者(?)によるスピーチ。

延々サモア語。しかも何人も何人も続く。
PC311478.jpg

PC311480.jpg


もーーーーーー、正直長いし、何言ってるか分からないし、夜遅いし、自分の体調もあんまよくなかったしで、

飽きました(笑)

途中、ちょっと意識が飛んできた時間もあったり(・_・;)

でも、私だけじゃない!他の人もだったよ!!!!
PC311475.jpg

こんな隙間で!
PC311481.jpg

これはさすがにどうかと。。。(笑)
PC311476.jpg


延々2時間のサービスが終わった後、ちょうど0時になったところで、教会の鐘がガンガン鳴らされ、礼拝は終了。

その後、みんなで表に出て、 「Happy New Year!!!」「Manuia le Tausaga Fou!!!」とあちこちでハグしたりキスしたり。
PC311488.jpg

PC311486.jpg

村みんなで新年をお祝いしました。



次の日1月1日は、またしても朝9時から教会。

一体どんだけサービスしたら気が済むんだ、と突っ込みたくなるほどです(笑)
P1011491.jpg

この日も、宗派関係なくいろいろな人たちが1つの教会に集まり、

またそれぞれのPastorからのお説教と、またしても村の代表者によるスピーチ!!

今回はPastorが3人!
P1011494.jpg

P1011495.jpg

これまた長い長い!!!(笑)


クリスマス、そして普通の日曜の礼拝、そしてこのNew Yearのサービスとで、

たった1週間の間に5回も教会に行ってきました!!!

キリスト教徒でもないのに、こんだけ熱心に教会に通って、これは・・・・神のご加護もいただけるかもだなー(笑)


なにはともあれ、村で過ごした年末年始。

村の人たちみんなでお祝いするっていう雰囲気がとっても良かったです(´▽`)

私もここで1年半暮らしてきて、みんなに受け入れてもらっているなーと思うこともたくさんあって、

この村の一員、と感じられたのが嬉しかったなー。

残りの任期は3か月。

この先首都で生活する時間も長いので、実質ここで暮らすのはあと1か月半くらい。

しっかり村での生活を満喫したいなー(^-^)

Merry Christmas!!!

Manuia le Kirisimasi!! Merry Christmas!!

クリスマスがやってきました。

11月に入ったころより、バスでクリスマスソングを聞くようになり、

お店がどんどんとクリスマス仕様にデコレーションされていくのを見ながら、

こんなに暑いのに、クリスマスって気分じゃないよ!!!!

と突っ込んでいたのは、おそらくは私たち日本人だけで。

サモア人は、クリスマスに心浮かれ

話を聞くところによると、大使館で働いているサモア人も心ここにあらずな勤務状況だったようで(笑)。

そんな一大イベント、クリスマス。

去年は首都にいたので、村で過ごすクリスマスは実は初めて。

どんなもんだろうか、また礼拝長いのかなー、とか半ば覚悟しながら参加しました(笑)



さて、24日、クリスマスイブ。
PC243873.jpg

この日は夜20時から教会で簡単なサービスと、サンデースクールで練習した子どもたちの歌が披露されました。
PC243885.jpg

いや、なめてはいけません。なんと11曲!!
PC243884.jpg

全部クリスマスソングだし、私が知っているものもありましたが、長い!!!(笑)

途中、子どもたちも飽きてました(笑)

歌が終わると、子供たちへのクリスマスプレゼントが配られました。
PC243898.jpg

値札ついてるけどね。。。(笑)
PC243899.jpg

私もいただきました!
PC243905.jpg


しかし、このイブの過ごし方も教会によって違ったようで、私の家の隣の教会は、

イブにダンスパーティーをしていたようでした。

村の家にはデコレーションをしているところもありました!
PC243907.jpg

PC243908.jpg



そして25日、この日の礼拝は8時からだよ、と言われたのに、いつも通り9時に始まる罠。

なぜ、8時からって言ったの…???(笑)

この日は、宗派的に似ているのか、別の教会と一緒に礼拝を行いました。

Pastorが2人!
PC253920.jpg

座席が分かれていて、片方の教会のPastorがお説教、片方の教会メンバーが歌、もう片方の教会のPastorがお説教、もう片方の教会メンバーが歌、

という流れで進んでいきました。
PC253927.jpg

私はあまり他の宗派の教会に行った経験がないのですが、

違う教会は、少しずつ歌やお祈りの仕方が違っていて、興味深かったです。

お祈りは地べたに座って聞くタイプのやりかた。
PC253919.jpg


覚悟はしていたものの、実はこれで終了。

長い劇や、チーム戦のような歌合戦などはなく、シンプルなサービスでした。


このあと、家族でそれぞれto’onai(豪華な昼食)を楽しんだようですが、

私は体調不良のためそれに顔を出すのはやめました。

ただ、夜ダンスパーティーがあるからおいで、と言われそれには行こうと、家のことなどを済ませていたのですが…。


ちょっと買い物に行こうと外に出たところで、

村のおっちゃんに「どこ行くの?乗りなよ。」と車に乗せてもらったところまでは良かったのですが、

なぜか話の流れでそのまま島の反対側までドライブに連れていかれる運びとなり。

いろんなところに立ち寄って、観光させてもらったり、買い与えてもらったり。

洞窟。
PC253931.jpg

吊り橋。
PC253943.jpg

モソの足跡。
PC253957.jpg

サモアの最西端。
PC253978.jpg

おっちゃんが私に買い与えたものたち。
PC254020.jpg


これを、本当に根っからの親切心でやってくれてるんだから、村人の優しさには驚きを隠せません(○_○)

島半周+おっちゃんの超安全運転のおかげで、帰宅は20時半!

なんと6時間もドライブデートしていたことになります。すごいことだ。


その後、行くよって約束していたので、20時からのダンスパーティーに行きましたが、

その頃ちょうど始まるというサモアンタイムプログラム!(笑)


首都での楽しいけど慌ただしい生活ののちに村に帰ってきてすぐのタイミングだったので、

村落ち着く!安心感は半端ない!!村好き好き!!!なモードで、

12時近くまで続いたダンスパーティーも楽しく過ごせました(笑)
PC254027.jpg

PC254030.jpg

村の若い男性、女性がそれぞれ何曲か練習していたようで、それを見るのも、かっこいいしかわいいしで、大満足。
PC254042.jpg

PC254056.jpg

そんなこんな、初めての村でのクリスマス。

予想外の展開にあたふたもしたけれど、大変楽しく過ごしました~。

アメサモagain!!!!

最後の任国外旅行に出かけてきました。

協力隊員に許されている特権、近くの国への任国外旅行。

これにはもちろん条件がいくつかあって、年間この日数まで、という日数制限もその一つ。

2年目の私は、オーストラリア、フィジートンガと2回の任国外旅行に行き、

あと3日間だけ残っている、ということで、どこか行けるとことはないだろうかと考えた結果、

初めての任国外旅行の行先でもあった「アメリカンサモア」に、もう一度行くことにしました。

私の任国外旅行は、アメサモに始まってアメサモに終わるという、なんとも特殊なものになりました(笑)


もう、去年アメサモは十二分に堪能していて、今回は、サモアにないものを食べたり飲んだり、そして買い込んだりする旅、と決めていました。

もう、アメサモがどんなところか分かっているので、もう突っ込みどころしか見つかりません。

今回も楽しすぎたアメサモ旅行をダイジェストでご紹介。


*アメサモ行きの空港。この航空会社は世界で唯一体重課金制度を導入しており、

手荷物と一緒に、自分も体重測定。この結果で席をその場で決めているのです。
PC153573.jpg

重かったら、プラス料金が発生するとか…(笑)

それもそのはず、こんな小さい飛行機で行くんですから!
PC153587.jpg

コックピットも丸見え。
PC153589.jpg

なんかあったら、機長さんから直接注意されちゃいます(笑)


*空港にもまだまだおもしろどころたくさん。

イミグレがただの通路の一角。誰もいなくて、簡単に通り抜けられちゃう。(でも後でちゃんと呼ばれる(笑))
PC153576.jpg

イミグレになぜかテディベア。イミグレのお姉さんと世間話できちゃう。
PC153574.jpg

ってかその前に、写真が撮れちゃうイミグレ(笑)

免税店らしき場所のショーウインドーに恭しく並べられたキムチラーメン(笑)
PC153575.jpg

しれっと過ぎてる出発時間(9:45発)。
PC153583.jpg

ただし、搭乗してから、離陸までの時間は驚くほど短い!



*とりあえずお腹がすいて一番に行ったのがマック(笑)
PC153607.jpg

くれる砂糖とケチャップの量は、サモアと同じ。
PC153605.jpg


PC153604.jpg


*お店に魚売ってるー!!野菜売ってるー!!
PC153613.jpg

PC153614.jpg

お店の人に、なぜか「Sexy Girl」のカレンダーもらう(爆笑)

レストランで飲んだビールがおいしくなくて、結局サモアの地ビールVailimaを飲むっていう。
PC153638.jpg



*訪れた国立公園センター。サモアと同じ伝説が残ってて、ここはやっぱりサモアだと思った。
PC163691.jpg

PC163693.jpg

ここでも見たことある津波が来たらこっち逃げましょう看板。
PC163706.jpg


民俗博物館。もう、いろいろクオリティーよ!
PC163716.jpg

どうしても、読み解けない絵があったりして。
PC163733.jpg

海洋センター。ここでは泳げませんでした(笑)
PC163734.jpg

せめて、海の中で写真を撮った風にパネルの写真を撮ったりして。



*いいもの食べようってことで、レストランで、本物のカルボナーラと本物のサーモンのグリルと、本物のステーキを食す。
PC163750.jpg

おいしかったーーーー!!!



*ホテルにて。

かわいいねこ。
PC163683.jpg

PC163685.jpg


*やっとすっきり晴れて、海岸線を走るのが気持ちよかったです!
PC173811.jpg

PC173816.jpg



*アメサモ最後の食事。またジャンクフード(笑)
PC173820.jpg

もらったケチャップの量と飲み物のサイズはサモアと同じ(デジャブ)



*いよいよ帰国。空港にて。

全員の荷物を全部開けて調べるという、しかもそれを1人でするという、恐ろしく手間のかかる荷物検査。
PC173833.jpg

PC173836.jpg

これのせいだけではないだろうけど、著しく遅れた飛行機。

この航空会社を利用した日本人全員に聞いたけど、正確に飛んだことがない。


いや、まさか、人生で2回もアメサモに行くことになるとは、自分でも驚きです。

いろいろありながらも、楽しい旅でした!

同期のWEDDING PARTY

活動とは全く別件ですが。


うちの同期には、この任期中に結婚した隊員がおり、その奥様が日本からサモアに遊びに来てくれました。

そのタイミングで簡単ながら Wedding Party を開くことになりました。

私たちの隊次は同期が10人という大所帯で、

リーダー肌、盛り上げ上手、こだわり派、調整能力に長ける人、こつこつ細かい作業が得意な人、

同期愛に満ちている人・・・・と本当に個性派ぞろい。

その9人が幹事となるWedding Party。

ずいぶん前から役割分担をしながら、準備を進めてきました。

サモアにあるものは限られているので、その中で私たちのベストを尽くしたパーティーでした。

私は、会場装飾のチームだったのですが、

サモア柄を自分たちでプリントして、自分たちで着色して、自分たちでコサージュを作り、
IMG_5715.jpg

IMG_5892.jpg

リボンなどと合わせながら会場をデコレーションしました。
P2910646.jpg

P2910647.jpg

作ったブーケ。
P1000303.jpg

奥様に付けてもらった髪飾り。
P1000306.jpg

幹事印のコサージュの飾り。
_DSC0423 (2)

事前1週間、活動の片手間に最終準備して、前日ほぼほぼ徹夜というグロッキーな状態で迎えた当日。

自分たちで言うのもなんですが、なかなか素晴らしいパーティーになったと思います。
_DSC0438.jpg

同期隊員が任期中に結婚して、相手がサモアに来てくれるなんて、

こんなことは滅多にあることじゃないので、私たちにとっても嬉しい1日でした!!

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ